曳家岡本

曳家岡本では一般住宅・社寺仏閣・古民家・工場など木造と鉄骨の建物の曳家・家の傾き(沈下修正)工事を承ります。 私は曳家 曳き家、ひきや、家曳き、家引きなどと呼ばれる職人です。家屋移動だけでなく曳家の技術を使って家の傾き修正から家揚げ、嵩上げ、沈下修正、土台揚げ、基礎の造り替え、白蟻や腐食による柱や土台の取替え等をご相談ください。 千葉県と故郷・高知に倉庫があり、ご依頼いただければ全国伺いますのでよろしくお願い致します。

tera4

曳家について

曳屋(ひきや)とは、建築物をそのままの状態で移動する建築工法である。 引舞、曳舞とも称す。曳家岡本ではこの技術を活かし様々な建物の修正を行います
View Details
oka6

傾き・沈下修正

傾いた家は住人の平均感覚を狂わせ健康被害を引き起こします。

沈下修正とは、地震などによる地盤沈下によって傾いた家を水平に戻す工事です。

View Details
tera5

社寺・古民家修復

曳家岡本では社寺仏閣などの沈下修復修正を行います

大切な文化財を守ります

View Details
b-008

耐震リフォーム

開いてしまった土台や敷居を引き締めて固定する

古い基礎を作り変える

View Details

ご挨拶

曳家職人として

自分は器用な職人ではありません。ただ手間をかけさせていただいて丁寧な工事を心がけているだけです。東日本大震災が起こって千葉県にご招聘いただくまで地元・高知で細々と家業を続けていた普通の職人です。震災による需要増で、心配していたように、にわか業者がたくさん現れました。全てを否定するわけではありません。同じ人間のすることですから学べば誰でも出来ることです。しかし技術の未熟な業者の乱立によって曳家に対して悪い印象を持たれるのは赦せません。

曳家には2通りの流れがあると思います。重量物を扱う「重量とび職」から来ている方たちはビルや大きな建造物に向いているかと思います。

逆に自分のような先代が大工からこの世界に入った「舟大工」「宮大工」の流れにいる「曳き大工」と呼ばれる大工系の職人。自分はこの後者に当てはまります。一般家屋向けだと思っております。私たち曳家へお見積りいただくのは、同じメーカーの冷蔵庫を価格どっとコムで比較して買うものとは違います。
これは職人仕事です。価格優先であれば良い仕事などできるはずがありません。床下の見えない部分にどれだけ時間と苦労をかけるか?で内容は変わります。そして誠意のある職人であればいただいた金額に対しての技術を惜しみなく使います。誰にも見えない床下で、一緒に作業してくれている仲間たちと自画自賛しながら頑張っています

ご招聘いただければ全国どこへでも行きます。よろしくお願いします。

曳家岡本二代目 岡本直也

 

曳家岡本のこだわり

01.

軽いレール

一般的には1mあたり9㌔の重さのレールを使うのですが、うちは6㌔です。これによって重機が入らないような狭いところにも人力だけで搬入、設置が出来ます。

02.

線路を沢山敷きます

最近では大きな鉄道用レールを使って曳家工事される業者さんもいらっしゃいます。で、その分、仮設で敷くレールの本数を少なく出来ます。大きな建物の場合は効率的ですから、それが良いかも? うちは、軽い小さなレールですから、その分、仮設レールをたくさん敷きます。参考画像のお寺では、6道(12本)のレールを敷きました。手間と資材量は必要ですが、バランス良く動かせます。

03.

沢山細工をします

曳家工事では、工事期間中だけでなく「据えつけた」時の基礎の強度に気を配らなくてはいけません。

なので、沈下修正と同じく柱下から微妙に逃がしながらも荷重をささえられる部位に鉄骨を組まなくてはなりません。ですが、長い移動の旅をする間も可能な範囲で柱下などで荷重を受けられるよう、鉄骨を利用しながら詰め物をしたりしています。据えつける直前にこれらは採り省きます。

04.

少人数でやります

お寺などの「住まい」でない場合は、無理のない範囲で少人数でやっています。これは単に「職人」の数が少ないゆえでもありますが、「親方」の目が届く動きが出来ます。とにかく丁寧が売りです。  価格と施工品質の合う現場でご検討くださいませ。

お問い合わせ

遠方からの見積り依頼の場合はweb上でのメールのやりとり、及び電話相談での概算見積りまでは無料です。

お話が進みまして現地調査が必要になりましたら交通費と1万五千円程度の日当をいただきます。現在、千葉県に居住しておりますのでそこからの交通費とお考えください。

送信

曳家岡本

okamoto11

親方:岡本

曳家岡本

しっかり丁寧に作業しお客様のニーズにマッチしたプランをご提案いたします

曳家岡本

全国どこでも駆けつけます

事業内容: 曵家工事全般 家屋移動
沈下修正 かさ揚げ
代表 岡本直也

Address

曳家岡本/岡本直也
高知オフィス:
780-0818 高知県高知市宝永町4-10
東京オフィス:
204-0003 東京都清瀬市中里1-699-1フォレストヴィラ302

Business Hours

月曜日〜土曜日…… 10 am – 8 pm

Phone

TEL: 088-882-9093
MOBILE: 090-5143-0607